娘のランドセルを、ラン活しないで決めたワケ

出産・子育て

セイバン“ノルディックシリーズ”に決定!ラン活なしの理由

夏休み最初の週末、来春入学予定の娘のランドセルが決定しました。

(左から、ノルディックシリーズ/モデルロイヤル クリスタル/ラブピ レーシィハニー)

娘は第一子のため、初めてのランドセル選び。

年中の時からランドセル選びを楽しみにしていた娘を前に、「来年はラン活でヒーヒー言ってるのかな・・」なんて想像してましたが。

蓋を開けてみれば、予想に反してラン活ゼロ。

迷うことなく即決でのランドセル選びとなりました。

娘の希望カラーが青系一択に絞られていた

その一番大きな理由として、娘の希望カラーが決まっていたこと。

思えば娘は年少の頃から色の好みが“ 青 or 紫 ”系に絞られていました。

大好きなプリンセスやプリキュアなどの影響も大きいと思いますが、幼いころから“ピンク・赤”にはあまり興味を示しませんでした。

そして、年中の後半頃からは青・水色が娘のテーマカラーとなり、それが現在も継続中。そのため当然、ランドセルも「青がいい!!」ということに。

一応言ってみましたけどね、「キャメルとか、おしゃれだよ」とか。「6年生のお姉ちゃんになった時には大人っぽい色のほうが似合うかもよ」とか。

しかし2歳頃からもう自分で服を選び、自分の好きな服しが着なくなっていた娘のこと。親のアドバイスなど聞くはずもありません。

全く響いてませんでした。

水色、6年生まで好きでいられるの?という不安

と、なるともう青系から良さそうなものをピックアップすれば良いことになりますが、赤・ピンクと違い、そこまで種類も豊富ではない。

であれば色はもう娘の好きなカラーにするとして、その中からはある程度こちらで絞らせてもらおう、と。

というのも、青・水色系というのは最近は増えているとはいえやっぱり特徴的。

途中で好きじゃなくなったり、洋服から浮いてしまったり、子供っぽく感じたりしないかという不安がチラホラ浮かびます。

そういうものを最大限払拭するため、私が消去法として挙げたものがこちら。

  • 明るすぎる淡い水色は避けたい
  • キラキラパーリィは避けたい
  • ゴテゴテの装飾は避けたい

つまりこれらを要約すると、私が探すべき青系ランドセルは、

なるべくマット&落ち着いた色みで、装飾がシンプルなもの。

それを念頭に青系ランドセルをネットでリサーチしました。そして候補として上がったのがこの2点。

セイバン コレクション ノルディックhttps://store.seiban.co.jp/shop/g/gCN21G-6260/#block-c1

池田屋 マットクラリーノ カラーステッチ アクアブルー✕ピンクhttps://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1362

私的には、この池田屋のランドセルもシンプルでおしゃれにキマリそうかな?と好きだったんですが、サイトの画像を見てもらったところ娘・夫ともにセイバンのほうに票が入りました。

となればもう店へ行って実際に見て、背負ってみて、問題がなければこれでオーケーだね!と。

この時点で娘はもう「このランドセルがいい!」と買う気満々。わが家のラン活はネットサーフィンでほぼ終わってしまいました。

個人的には展示会とかも、行ってみたかったですけどね・・。

コロナ対策、お店はどんな様子?

意見が決まった7月頃に見に行こうとしたのですが、コロナの影響で週末は完全予約制となっていて、見た時点でもう予約は埋まっていました。

親子共々はやる気持ちを抑えつつ、セイバンホームページで8月からは時間あたりの人数を絞っての通常営業になるというのを見て、夏休み初日の1日に早速行ってきました。

予約制があけて初日の週末だから混むかもしれないと思い、オープンに合わせて行きましたが、私達以外にもう1組だけが来店している状況でした。

店頭には手指消毒液が置かれ、入店の際に体温チェック。来店は1組4名までの人数制限と、子供もマスクの着用が義務づけられています。

そんな通常とは異なる状況ではありますが、中に入れば見たいものを自由に見せてもらえるし、人が少ない分落ち着いて話も聞ける印象でした。

予想外だったのは、クロージングのあっけなさ。

その場での購入につなげるべく、もっとグイグイとセールストークを展開してくるのかと思っていましたが、コロナ対策のため店頭での購入の手続きなどは極力控えているようです。(至近距離での会話も増えるためかと。)

「今日気に入っていたランドセルは、こちらのQRコードから入ればインターネットで購入できますので〜」といった感じで、ランドセルやその他おすすめ小物についてのサイト誘導の紙と、注文時に使える来店クーポンを頂いてあっさりと帰りました。

私は初めてのランドセル選びだったので例年との比較ができないのですが、「色々なブランドを見て回って決めたいけど、来店したらセールストークがすごそうで怖い」と迷われている方にとっては、今年は好都合かもしれません。

※ちなみに、再度ホームページを確認したところ、コロナウイルスの増加状況を踏まえて、8/6(木) ~ 9/30(水)の期間、土・日・祝の終日、完全予約制(45分入替え)になったようです。

だけどその分、当初9/1までの予定だった早期割引(10%オフ)の期間を、11/1(日)までに延長してくれるみたいです。

天使のはね、スゴぉーー。

おぉぉ、こ、これがあの天使の羽かぁー!

思わず頭の中で、「ららんらん、ランドセルは〜♪ててんてん、てんしのは〜ね〜♪」とコーラスが始まっちゃいます。

肝心の感想は。

やっぱね、肩ベルトがグッと立ち上がってるし、真ん中がXに形づけられててずり落ちしなそうだし。

その他にも、教科書が背中側に倒れるように底に敷く傾斜プレートがついていたり。

背当てのクッションの形が背中とランドセルを垂直に近い状態にもっていくために工夫されていたり。

肩ベルトの金具が腰や脇腹に当たって痛くなるのを防ぐために、金具がひねった形状になっていたり。

他にもね、ランドセル側面のフックが引きずり事故防止のために、引っ張ると外れるセパレート仕様になっていたりとか。とかとか。

便利そうな機能がわんさか。しかも6年間の修理保証つき。

いやはや、そりゃあ私らが使ってた時のランドセルと比べりゃ、楽に決まってるでしょ。

たいした予備知識もなく行った私は「へぇー。へぇー。」の連発。ランドセルの進化すごぉー。

それにしても、いわゆる「アップ式」と言われる立ち上がった肩ベルト。

ランドセル販売なんてのは長年続く稼業だけども、脈々と続くその流れの中でも、これはやっぱ革新だったんだろうな、と思う。思った。

工房系ランドセルメーカーの代表格、「土屋鞄」においても、2021年モデルではこの「アップ式」にリニューアルされたようですよ。

ずっと楽しみにしていたランドセル選び…娘の様子は?

まぁもう、終始もじもじで。

期待で胸が膨らみすぎて、店に入った際には綺麗なランドセルとピシッとしたお姉さんを前にしきりに恥ずかしがる娘。

「好きなの背負ってみていいんだよ!」と母が必死にサポートし、青系以外の色や、候補と違うシリーズのものもお試しさせてもらいました。

しかし結局、最初に見せたノルディックシリーズから心は動かず、悩むこともなく即決。

店を出た娘はプレッシャーから開放されて、すごいのびのびしてました。

この来店時に撮った娘の写真、顔が全部こわばっていて、にっこり嬉しそうなショットとか皆無なんですけど(笑)。それもまた、良い思い出。

(左)ノルディックシリーズ(右)モデルロイヤル クリスタル、開けてみたところ。
葉っぱのチャームのちょうちょの刺繍が、娘のお気に入り。
モデルロイヤル クリスタルも、刺繍が繊細で可愛かった。女の子に人気なのも納得。

私はなにも考えずに公式ページから買ったんですが、よく考えたら大きい金額だから、ポイントつくようなところで買えばよかったかも・・。悔しい。

しかも楽天で9/15頃までポイント10倍とかやってる店もありましたよ!

来店クーポンもらったよ

ネットで買っても早期割の10%オフやまとめ買い割引の500円オフなどの特典は変わりませんが、直営店に見に行った来店クーポンとして、300円オフのチケットをいただきました。

期間とか店によっての違いとかは不明ですが、参考までに。

6万円のランドセル=1年で1万の経費ってすごいな

ランドセル、「5万円くらいかなぁ」とぼんやり考えていましたが、結果的には約6万5千円のランドセルお買い上げとなりました。

まぁでもそんなもんなのかな、と思った次の瞬間、頭の中で電卓がはじかれました。

そうか、6万のランドセルならちょうど1年で1万の経費というわけか。

産後、1万円もするバッグなんて買うことないな・・。

子供のかばんに、1年で1万以上もの経費があてがわれるのか・・。

すごいな、ランドセル。

最終的にはやっぱり子供が気に入るものにして良かった

個人的な好みで言えば、「工房系」みたいな響きにすぐ惹かれちゃうし、「土屋鞄」のプレミアムカラーのシリーズなんて、色みがほんとにめっちゃ可愛いなと思うんですが。

それはあくまで私の好みであって、子供の好みではない。

もちろん子供が気に入った!とかなら話は違ってくると思いますが、例えばこの“プレミアムカラー”のランドセルは約8万円。目ン玉出ちゃう。

良いものは長持ちだなんだと言ったって、ランドセルは6年しか背負わないんだし。

ママ達の中では、「あっ、あのランドセルってどこどこの高いやつでしょう?」「おしゃれー!」なんて言われるかもしれませんが。それだけのために、8万は出せん。

それよりも、娘が大好きな色で、100%気に入ったランドセルで、小学校入学を迎えられたほうが絶対良い。

ちなみに、娘にはランドセルの誓いを立ててもらいました。

6年間使うものだから、大切に扱う。

好きな色が変わっても、ちゃんと大事にする。

 

さて、来年の今頃はどうでしょうか。

コメント

  1. […] 娘のランドセルを、ラン活しないで決めたワケ […]

タイトルとURLをコピーしました